【自動車売る.com】愛車が高く売れる3つのポイントとは?!

【自動車売却Q&A】引越後に車検証の住所変更をしてない

2ヶ月ほど前に引っ越しをしたんですが、まだ車検証の住所変更をやっていません。この状態のままで、車を売ることは可能でしょうか?どうせ売るので、今からわざわざ住所変更するのはめんどくさいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。

結論から言いますと、車検証の住所変更は
しないままでも売ることは可能です。

 

手順をご説明しておきますね。

 

 

車検証の住所と印鑑証明書の住所が違う場合

 

 

車を売る場合には、
印鑑証明書が必要になります。

 

ですが、ご相談者様のケースですと、
車検証の住所変更をしていないので
車検証の住所と印鑑証明書の住所が違っています。

 

 

この場合、印鑑証明書以外に住民票も用意すれば
買取業者と売買契約を結ぶことが可能です。

 

というのも、住民票にはひとつ前の住所も記載されているので、
車検証の住所と印鑑証明書の住所が
住民票によってつながるからです。

 

 

ただし・・・

 

 

住民票に記載されている以前の住所は
「直前」に住んでた住所のみなので
それ以前の住所までは住民票ではつながりません。

 

つまり、何度も引越しをしてる人の場合にありがちなのですが、
車検証の住所がかなり前の住所になってることがあって、
このようなケースでは住民票だけでは売買契約を結べません。

 

 

ではどうすればいいのか?

 

本籍地の市町村役場に問い合わせをして、
「戸籍の附票(ふひょう)」というものを取り寄せましょう。

 

戸籍の附票には過去のすべての住所が記載されているので、
車検証の住所と印鑑証明書の住所を
結びつけることができるからです。

 

 

ということで・・・

 

 

住民票と印鑑証明書を取り寄せましょう!

 

 

引越しした後に、住民票は新住所に移動してますよね?
住民票だけは間違いなく移動してくださいね。

 

住民票が新住所に移動しているという前提で話しますと、
とりあえず住民票と印鑑証明書を取り寄せましょう。

 

お住まいの市町村役場に行けば、
数百円の手数料で発行してもらえます。

 

 

ちなみに、まだ印鑑登録してない場合は、
印鑑も持って市町村役場に行ってくださいね。

 

そこで、印鑑登録と同時に、
印鑑証明書も発行してもらえます。

 

 

さらに必要に応じて戸籍の附票も取り寄せましょう。

 

本籍地の市町村役場のホームページを見てもらえれば、
取り寄せ方法が書かれているはずなので
参考にしてもらえればと思います。

 

 

【関連記事】車の売却契約および車の引渡しについて