自動車売る.com|愛車が高く売れる3つのポイントとは?!

【自動車売却Q&A】個人で車を売る場合の注意点

廃車にする予定だった車を、知人が売って欲しいと言ってきました。廃車にする費用を払うくらいだったら、知人に数万円で売った方がお得ですし、知人に売る方向で考えています。そこで質問なのですが、個人で車を売る場合の注意点を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

個人で車を売買するときの一番の注意点は、
名義変更を確実に行うということです。

 

そんなのあたりまえじゃないかと思うかもしれません。

 

でも、名義変更を確実に行わなかったばっかりに、
トラブルに巻き込まれてしまう人が少なくありません。

 

車を引き渡す前に、
必ず名義変更を「確実に」行ってください。

 

個人で車を売る場合の手順

 

・購入する相手に住民票を取ってきてもらう

・費用を支払ってもらう(※領収書を渡す)

・「あなた」が新所有者の住所の陸運局に行く

必要なもの
・相手の住民票
・相手の印鑑
・自分の印鑑
・ナンバープレート
・車検証


・必要な手続きを行う

・新ナンバープレートと新車検証を受け取る

・車を購入相手に渡す

 

とにかく重要なのが、
あなたが自分で手続きに行くということです。

 

というのも、名義変更を「相手」に任せてしまい、
あとで名義変更されていないことが発覚するケースが
とても多いからです。

 

 

いくら信用している知人でも、
他人はしょせん他人なので、
重要な手続きは任せないほうがいいです。

 

名義変更されないままで事故ったり、
盗難されたり、自動車税の請求がきたり
あとで痛い目にあうのはあなた自身です。

 

だからこそ、名義変更の手続は
必ず自分自身で行うようにしてください。

 

 

めんどくさいと思うかもしれませんが、
その分の手間賃込みで
車の売却金額を決めるといいですね!