【自動車売る.com】愛車が高く売れる3つのポイントとは?!

【自動車売却Q&A】査定で値段つかない場合の裏ワザ的な方法

中古で5年前に買った車を売りたいと考えています。すでに15万キロ以上走っていて、値段がつかない可能性が高いです。出張査定を受けてみて、もし値段つかないと判定された場合に、なんとかして少しでも値段付けさせる裏ワザ的テクニックを何かご存じないですか?

中古で5年前に買ったということは、
新車登録から10年程度は経過している
古い車であることと思います。

 

また、走行距離も15万キロオーバーとのことで、
たしかに、出張査定を受けても
値段がつかない可能性はありそうです。

 

 

ダメ元で出張査定を受けてみましょう!

 

 

いずれにせよ、値段がつくかつかないかは
出張査定を受けてみないと分かりません。

 

もしかすると、たまたま高評価をつけてくれる査定士さんがいて、
数万円、あるいは数十万円を気前よく付けてくれる
可能性はあると思います。

 

買取業者が例えば5社くらい査定しに来て、
1社だけでも値段をつけてくれればそれでOKなわけですし、
出張査定を受けてみるだけの価値はあると思います。

 

無料の出張査定を受けるならこちら≫

 

 

どうしても値段がつかない場合は「廃車買取」

 

 

複数の買取業者に出張査定してもらった結果、
やはり値段がつかなかったという場合には、
「廃車買取(はいしゃかいとり)」という方法があります。

 

 

廃車買取をやってる業者というのは、
買い取った車を分解し、
鉄くずとして転売するなどして利益を出しています。

 

  • ボディー → 鉄くずとして転売
  • 使えそうなパーツ → 中古パーツとして転売
  • まだ動く場合 → 後進国などで転売

 

独自に収益化するルートを持っているので、
一般的な買取業者が買い取ってくれないような車でも
よろこんで買い取ってくれるわけです。

 

 

ということで、値段がつかない場合の裏ワザ(?)としては
「廃車買取」という方法も検討してみることをおすすめしたいです。

 

さっそく「廃車買取」を依頼するならこちら≫